【発売間近!】RED DEAD REDEMPTION2

最終更新日

Comments: 0

10月26日発売予定のPS4ゲームソフト「RED DEAD REDEMPTION2」。

待ちに待ったレッド・デッド・リデンプション2が到頭来週発売です!とても楽しみですね!開発元は、GTAシリーズなどでも有名なロックスターゲームスさんです。

いろんな意味で今回かなりスケールの大きい超大作となっているようです。細部にまでこだわり抜いたハイクオリティな今作、現在分かっている情報を発売前にいろいろと記事にしてまとめてみました。

※発売前ですので、一部正確ではない情報もあるかもしれませんので参考まで。

ゲーム概要

本作は、前作のレッド・デッド・リデンプションの少し前のお話とのことです。

前作の主人公(ジョン・マーストン)がいたダッチ・ギャングの幹部アーサー・モーガンとして西部開拓時代を体験するオープンワールドアクションゲームです。

マップの広さも前作の2倍以上!?と言われており、探索や狩猟・採取など、非常に楽しめそうです!都市や山岳地域の画像や情報もちょこちょこ出ていますが、ほんの一部に過ぎないそうです笑

 

ストーリー

今作「レッド・デッド・リデンプション2」は、アメリカの滅びゆく西部開拓時代を舞台にしており、日本で言う侍の時代が終わるイメージでしょうか?

とにかく無法者達が好き勝手できていた時代が終わりを迎えようとしていて、主人公のアーサー・モーガンは自分を育ててくれたダッチ・ギャングと一緒にいろんなところでキャンプを張りながら逃亡の旅を続けるそうです。

ダッチ・ギャングのリーダーは前作でおなじみの「ダッチ・ファン・デル・リンデ」。

前作とはまた違ったリッチな雰囲気を漂わせていますね。今作は、前作で登場したキャラクターも複数人登場するみたいですので、懐かしい気持ちに浸りながら楽しめそうです!

オープンワールド型のゲームをやった事のある方ならお分かりいただけるかと思いますが、主人公とギャングの仲間と行動を共にするシステムはなかなか珍しいかと思います。どこまでの制約があるのかは、実際にプレイするまで分かりませんが、「集団生活」という新しいシステムに期待が高まりますね。

 

ゲームシステム

今作でも非常に気になるゲームシステム。とにかく作り込みがハンパないそうなので、いろいろ紹介していきたいと思います。

 

着替え・身だしなみ

GTAシリーズでもおなじみのお着替ええシステム。ただ今作ではどこでも好きな恰好に着替えればいいというものではなさそうです。例えば寒いところでは、暖かい服を着こみ、暑いところでは半袖などの軽装にするなど、気温に合わせた服装にすることでスタミナの消費量に影響するとのこと。

また、時間の経過と共に髪やヒゲも伸びるそうです!これはウィッチャー3で遊んだことのある方ならご存知かもしれませんが、これも整えることができるそうです。あと泥などで汚れると周りの通行人などに臭い顔をされるとか笑

 

会話

会話も非常に大事な要素で、会話には選択肢が存在するとのこと。選択した内容によって名誉レベルに影響が出たり、またはそのまま銃撃戦なんてことにも発展しかねないのだとか・・・。荒くれ者の集う1900年代のアメリカってヤバそうですね笑

 

どこでどんなヤバイやつに合うか分からないレッド・デッド・リデンプション2。やはりそんな時に役立つ対抗手段は銃ですね!今作では、個性豊かな銃が50種類以上も登場するとのこと。カスタマイズも多様化されており、さらに弾薬によっても精度、射程距離、ダメージに影響するそうです。また、銃は使い込めば使い込むほど、性能が良くなり、手入れを怠ると性能が落ちるようなので、定期的にメンテナンスをするように心がけましょう。

 

デッドアイシステム

こちらは、前作でもおなじみのスローモーション。戦闘中に時間の進みを一時的に遅くするすることで、より正確に的を射抜くことができます。ゲームプレイを通じてデッドアイシステムも洗練されていくようで、初期の頃は照準範囲の敵を自動ロック、次の段階では、複数の敵を手動ロック、さらに次の段階では、自由に射撃ができ、最終的には敵の弱点を表示までしちゃうとのことです。何事も経験が物を言いますね!

 

動物

今作に登場する動物の数は約200種類と言われております。狩猟や釣りなどは広い荒野で生きていくための食糧や資源として欠かせないものとなっていそうです。また、ただ狩ればいいだけではなく狩るための武器をしっかり選択し、できるだけ良い状態で素材を回収することで売却する際の値段などに反映するようです。狩猟した動物からできるだけ早く素材を回収しないとコヨーテがやってくるとか笑

また、回収したお肉は放置し過ぎると腐敗が進み、腐ってしまうそうです!天然資源は早めにいただきましょう!

 

レッド・デッド・リデンプションにおける馬は、絶対に欠かすことのできないとても大事なパートナーとなることでしょう。今作では、約19品種の馬がおり、自然環境の中で捕獲したり、お店で購入したり、盗むこともできたりするとのこと。

ブラッシングや餌やり要素なども追加されているそうで、親密度、スタミナ、操作性に影響し、狩猟した動物や銃など荷物の持ち運びもしてくれるそうです。

 

まとめ

作り込みのハンパないレッド・デッド・リデンプション2。一体どれだけの時間と製作費にお金を費やしたのでしょうか。

噂では、メインストーリーだけで2000ページもの原稿があり、積み上げると2.4mになるそうです笑

モーションキャプチャーと言って玉がたくさん付いた全身タイツのようなものを着用して、演技してる俳優さんをデータで取り込むものがあるのですが、俳優さん1200人を6年かけて、収録し、声優も700人いたとか笑

クリアタイムも約60時間かかるそうです。あと5時間分ほど恋愛要素をカットしたそうです笑

  • 前作レッド・デッド・リデンプション(約20時間)
  • GTA5(約30時間)
  • ウィッチャー3(約50時間)

これらのゲームと比べてもボリュームのデカさをうかがえます。

そのため、今作レッド・デッド・リデンプション2は、105GBの容量にディスク2枚組とも言われております!

PS4のゲームソフトでディスク2枚って、私は聞いたことないです笑

CMも70バージョンほど作ったとか笑

どれも「ほんとかよ!?」と疑いたくなるぐらいの力の入れよう。制作スタッフは1日100時間労働だったとか++

いくつか私の知る限りの情報を記事にしてみましたが、他にもまだまだ未知の要素がたくさんありそうで楽しみです!

あと約1週間!待ちきれないですねー!

また、発売後はプレイ画像と一緒にレッド・デッド・リデンプション2の世界観を味わいながら旅レポートを掲載していきたいと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする